HTML5/CSS3デザインテンプレート


だやかな革命

ホール(25日のみ)※映画上映、特別対談は有料となります。

◆高校生演奏会 入場無料 10:00~

地下ギャラリー 入場無料

◆地元で始めるボランティア市民活動紹介パネル展示

◆高校生ボランティア活動の紹介、ポスターセッション

◆地元とつながるワークショップコーナー

◆かまくらファンド報告会&特別ファンド相談会

◆セカンドライフセミナー

◆未病・健康コーナー

◆リサイクルバザー「玉手箱」

◆映画上映 開場13:00 開演13:30
◆特別対談
「かまくらの社会関係資本を考える(仮題)」
「おだやかな革命」監督 渡辺智史×幸せ経済社会研究所長 枝廣淳子

◆入場料
大人:前売1,000円、当日1,200円
中学生以下:800円(前売、当日共通)

映画上映&特別座談会

ドキュメンタリー映画
「おだやかな革命」
2017/日本/DCP・Blu-ray/カラー/100分
監督:渡辺智史 ナレーション:鶴田真由

今の日本社会が抱えている様々な矛盾は、一見すると解決が困難に も思えることばかりです。でもそれらが意外にも「暮らしの選択」という身近なキーワードから解決していけるのではないか、そこにこそ確かな希 望があるのではないかと思うのです。

本映画には自らの手で仕事や暮らしを作っていく人々が手を携えながら、新しい時代を切り開いていこうとす る姿が描かれています。その先には、これまでの拡大・成長を追い求めてきた時代が見失った「本当の豊かさ」が見えてくるはずです。ワクワクや 共感によって動く新しい時代は、もう始まっています。
この映画の上映を通して、全国各地で皆さんと一緒に「おだやかな革命」の動きを作ってい きたいと思います。

特別対談

渡辺 智史 「おだやかな革命」監督
山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学環境デザイン学科卒業。卒業後上京後に、 ドキュメンタリー映像制作に従事する。2012年にドキュメンタリー映画『よみがえりのレシピ 』を公開。上映場所は全国300 箇所を超える。
2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭、2012年香港国際映画祭、ハワイ国際映画祭にて招待上映。
教育映像「在来作物で味覚のレッスン」 が第9回キッズデザイン賞の「未来を担う消費者デザイン部門」で優秀賞。
地域課題に真摯に向き合う、ソーシャルデザインとしての映像制作を探求している。
有限責任事業組合いでは堂、共同代表。
監督作品「湯の里ひじおり~学校のある最後の1年 」(2008)
「よみがえりのレシピ」(2011)
「おだやかな革命」(2018)


枝廣 淳子 幸せ経済社会研究所所長
大学院大学至善館教授、環境ジャーナリスト、翻訳家。 東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。
2年間の米国生活をきっかけに29才から英語の勉強をはじめ、同時通訳者・翻訳者・ 環境ジャーナリストとなる。
映画『不都合な真実2』 (アル・ゴア氏著)の著書翻訳をはじめ、環境・エネルギー問題に関する講演、執筆、翻訳、 コンサルティング、異業種勉強会等の活動を通じて 「伝えること、つなげること」で変化を創り、しなやかに強く、幸せな未来の共創をめざす。

主な翻訳書に『不都合な真実』 『レジリエンスとは何かー何があっても折れないこころ、暮らし、地域、社会をつくる』『世界はシステムで動く』『 朝2時起きで,なんでもできる!』『地元経済を創りなおすー分析・診断・対策』ほか多数

鎌倉市市民活動センター設立20周年記念事業について

1998年にNPO法が制定された同じ年、全国に先駆けて公設 民営による鎌倉市市民活動センターが誕生しました。以来20年 間、当センターは運営母体の「鎌倉市市民活動センター運営会議」 の会員とセンター利用登録団体の皆さまの協力により、会議室 や印刷機器の提供、かまくらファンドによる活動資金の提供、 IT技術を習得するための講座の運営、市民活動情報の発信、 法人経営の相談、市との協働事業の推進など様々な形で市民活動 を支え続けて参りました。 節目の年にあたり、当センターが市民活動のハブとしての役割 をさらに充実させ、多くの皆さんが市民活動に参加しやすい 環境を整えることを目指し、20周年記念事業の総合コンセプト 「和をつなぐ。輪をひろげる。」に則して次のような事業を企画 いたしました。実施にあたり皆さまのご賛同、ご協力をよろしく お願いいたします。

認定NPO法人鎌倉市市民活動センター運営会議
理事長 平塚 優
1.記念誌の発行
これまでの市民活動を振り返りつつ、これからの鎌倉の市民活動の展開を予感させるような記念誌を作ります。市民活動団 体や近隣センターからの寄稿、高校生記者による取材記事、多くの写真やイラストで構成し、読み易く手に取り易い市民活動への関心が高まり 広がるような誌面作りを目指します。
2.特別ファンドの実施
従来のかまくらファンドより対象事業を広げ、単一団体の事業活動に加え、 団体同士の協働事業や事業目的の異なる団体間の連携事業も助成総額を増やして、助成します。 個人・団体にかかわらず、大いにアイディ アを出していただき、新しい活動の波がひろがることを期待しています。
3.フェスティバルでの映画上映
全国各地で始まりつつある 「暮らしの選択」や「本当の豊かさ」を求める事例を描いた映画を上映し、あらためて地元鎌倉での暮らし方を振返るきっかけをつくります。
4.交流会の開催
これまでお世話になった方々、いつも頑張っている方々、これからの活躍を期待する方々など市民活動に関わる多くの皆さん との交流を深める会費制の交流会を行います
ページのトップへ戻る