NPO法人 鎌倉市市民活動センター運営会議 フェスティバル実行委員会


第 18 回 市民活動フェスティバルの参加団体説明会開催

4月24日(日)、30団体以上の参加団体の方が説明会に出席され、積極的な質疑応答がかわされました。
説明会終了後には子ども広場を盛り上げようという団体の集まりもできていました。









第 18 回 市民活動フェスティバルのお知らせ

「つなげよう、ひろげよう―市民活動の明日へ。
       第18回 かまくら市民活動フェスティバル」

かまくら市民活動フェスティバルは、鎌倉市を中心に活動するNPO団体の、広く市民に開かれたイベントです。
現在、情報を公開している鎌倉のNPOは296団体ありますが、例年そのうちの70団体程度が参加して盛大に おこなわれています。
会場はJR鎌倉駅東口前の「鎌倉市生涯学習センター」。
5月21日、22日の2日間です。
    フェスティバルの主な目的はつぎのとおりです。
  1. NPO活動の日頃の活動の様子や成果を発表する
  2. NPO団体相互の絆(タテ糸とヨコ糸)を強化する
  3. 活動の市民一般への広がり・共感性を高める
ことしのフェスティバルはとくに、「優しさの連鎖」「次世代への継承」「市民の中へ」に焦点をあて、 テーマタイトルにもその思いを込めました。
会場入口、ロビー、ギャラリーではお手玉や折り紙、けん玉、竹馬などの昔遊びや、本の読み聞かせ、 バルーンアートなど、若年ファミリー層からご高齢の方々までご参加いただける工夫を凝らします。
お馴染み「なっちゃん紙芝居や毎年好評の似顔絵描き、その他毛筆体験や元気の源「ジョークボックス」コーナー、 「かまくらファンド」のチャリティバザーなどなど、バラエティに富んだ内容です。
「きららカフェ」の本格コーヒーも、店舗を拡大したくつろぎスペースでお楽しみください。

ホールでは「図書館とともだち(「ととも」)」の群読や、各種ステージパフォーマンスに加え、 『認知症を前向きに生きる』をテーマに、講演と静岡県富士宮市の認知症患者ご自身の体験談、 そして県内各地からの皆さんも加わっての歌と演奏(21日午後)もおこなわれます。
フェスティバル開催日時
  5月21日(土) 10:00〜17:00
    22日(日) 10:00〜16:00
  会場
  鎌倉市生涯学習センター「きらら鎌倉」
  (JR鎌倉駅東口すぐ)

◎この件に関するお問合せは
 (指定管理者)特定非営利活動法人  鎌倉市市民活動センター
 ・NPOセンター鎌倉  TEL 0467−60−4555
 ・NPOセンター大船  TEL 0467−42−0345  まで