市民活動・NPO活動に役立つファンド情報

かまくらファンド 2018年度 「特別ファンド」のお知らせ


今年の『NPO支援かまくらファンド』は、NPOセンター設立20周年事業として 『特別ファンド』を実施します。
記念事業テーマ『和をつなぐ・輪をひろげる』に 沿って助成対象を従来よりも広げ、単一団体の活動に加え、団体同志の共同事業 または事業目的の異なる団体の連携事業も歓迎します。
また、助成金の総額も増額されています。
個人・団体にかかわらず、大いにアイディアを出していただき、 新しい活動の波がひろがることを期待しています。
◆公開審査会:2018年11月3日(土・祝)
◆助成金総額:100万円
◆応 募 資 格:鎌倉で社会貢献活動を行っている個人・団体・複数の団体の連携 過去に2回以上助成を受けた団体も応募出来ます。
◆応募の手引き:ホームページに掲載いたしました。
◆応募申込書:ホームページ 書式ダウンロード  よりダウンロードできます。
◆応 募 受 付:2018年9月1日から29日まで鎌倉センターで受け付けます。
なお、8月26日に開催する「かまくら市民活動フェスティバル」で 昨年助成を受けた団体の「活動中間報告会」を計画しております。同時に「相談コーナー」を設け、今回応募をご検討の団体の皆様からの相談をお受けいたします。

NPOセンター設立20周年記念事業
特別ファンド応募の手引き(2018年度)

1,NPO支援かまくらファンドとは
わたくしたちの社会をよりよくするために、そこに住むわたしたち市民の自発的な活動が 求められています。
市民活動団体の社会貢献活動の役割はますます重要性を増しています。
「NPO支援かまくらファンド」は市民の方々のご寄附によりこのような 市民活動団体の活動を助成するための資金です。
今回は特別ファンドとして、20周年記念事業のテーマ『和をつなぐ 輪をひろげる』 に沿って実施します。助成対象を従来よりも広げて、単一団体の活動に加え、団体同 志の共同事業または事業目的のことなる団体の連携事業も歓迎します。 助成金の総額も増額しました。
2,支援事業の概要
1) 助成金(総額 100万円)
助成金は1件30万円を上限として、5〜10件程度を予定しています。
2)助成対象期間
2018年11月より1年間に実施する活動とします。
3)助成金の交付
助成決定後、11月7日〜11月30日に交付します。
4)活動報告
翌年に活動の成果と会計報告をまとめた報告書を提出していただきます。また、 公開の場で活動報告をしていただきます。

3,応募条件と手続き
1)応募資格
@鎌倉でまちづくり、福祉、文化、子育て、国際交流などさまざまな分野で活動する、あるいは活動を始めようとする市民活動団体・個人、特に複数団体の連携事業を助成します。 ただし、いずれも政治、宗教、営利を目的とする活動は除きます。
A過去に2回以上助成を受けた団体であっても、応募できます。
2)申込書の配布
NPOセンター鎌倉で配布いたします。
また、NPOセンターホームページ「書式ダウンロード」からダウンロードできます。
3)応募申込み
申込用紙に必要事項を記入のうえ、NPOセンター鎌倉にご持参ください。
なお、郵送による申込みはできません。
4)申込用紙
 1枚目・・・応募事業名、代表者、連絡先、応募する活動の内容を記入
 2枚目・・・応募する団体概要を記入(複数団体で応募の場合は団体別に記入)
4,助成の決定
審査委員が公開で審査を行い、その場で決定します。なお、応募が多数の場合は 事前に書類審査を行うことがあります。
5,審査基準
@鎌倉における市民活動として、社会性、公益性が認められること。
A対象とする活動に計画性があり、実現性が高いこと。
Bこのファンド基金が活動の継続性、発展に寄与する可能性が高いこと。
C活動に対する意欲が認められ、助成の効果が高いこと。
D新しい視点からの提案が見受けられること。
E20周年記念事業テーマ『和をつなぐ 輪をひろげる』に沿うこと。

6,公開審査会
日時:2018年11月3日(金・祝)午後1時(予定)
場所:たまなわ交流センター2階(NPOセンター大船の上)
*時間は多少前後することもあります。




※Win10では、Wordのダウンロードはマイドキのダウンロードフォルダーに入ります。

かまくらファンド 2017年度受給団体報告

11月3日(金・祝)たまなわ交流センターにおいて平成29年度『NPO支援かまくらファンド審査会』が 開催されました。
応募10団体のプレゼンテーション終了後、審査が行われ、審査委員長の講評に続き助成団体6団体が発表され、 「助成決定通知書」が授与されました。

≪受賞助成団体≫
  • NPO法人 JIAOLIU鎌倉
  • NPO法人 minamo:
  • 特定非営利活動法人Art for Children's SHINE
  • 一般社団法人 鎌倉ドローン協会
  • 鎌倉評論
  • 鎌倉常磐山の会

≪助成団体と資金の需要≫
  • NPO法人 JIAOLIU鎌倉

    生徒・学生を対象とした多文化共生社会の人材育成及び鎌倉の魅力発信
    @多言語観光ボランテイア町案内体験
    A多言語観光ボランテイア町案内養成講座、通訳、翻訳、技術の習得等

    ホームページ参照

  • NPO法人 minamo

    「第6回鎌倉市まちづくりプランコンテスト」の運営費の一部に充当

    鎌倉市まちづくりプランコンテスト参照

  • 特定非営利活動法人Art for Children's SHINE

    鎌倉児童ホームで実施する「作品展」「ワークショップ」 の施設利用費、告知用チラシ制作費、「ワークショップ」画材材料費等に充当

    ホームページ参照

  • 一般社団法人 鎌倉ドローン協会

    「鎌倉ドローン体験飛行教室」に使用する体験機及び付属品の購入

    ホームページ参照

  • 鎌倉評論

    年間の新聞発行活動のための資金として応募

  • 鎌倉常磐山の会

    常盤山の本来あるべき植生を取戻し、市民が散策し、子 どもたちが遊びまわる場所にするため、官民の壁を越え て多くの関係者が結集できるマスタープランの策定、 官民協働の仕組みづくりのための活動。

かまくらファンド 2016年度受給団体報告

11月3日(木・祝)たまなわ交流センターにおいて平成28年度『NPO支援かまくらファンド審査会』が 開催されました。
応募10団体のプレゼンテーション終了後、審査が行われ、審査委員長の講評に続き助成団体5団体が発表され、 「助成決定通知書」が授与されました。

≪審査員≫
  • 阿部芳子(鎌倉友の会常任委員 公共担当)
  • 岩佐勝司(大船自治町内会連合会 会長)
  • 大津理津子(鎌倉検定市民の会 代表)
  • 長田克巳(イベントプロデューサー)
  • 奈須菊夫(鎌倉市 市民活動部 次長)

≪助成団体と資金の需要≫
  • 鎌倉・ロボット・ものづくり研究会
    :青少年会館 わくわくクラブ等で使用する教材、工具類の購入
  • あしおとでつながろう!プロジェクト
    :イベントの会場費、付帯設備費、チラシ代等
  • ブックカーニバル実行委員会
    :スタンプラリーに使用するエコバックの製作費等
  • 北鎌倉台峰緑地保全会
    :散策路の整備に使用する道具類の調達
  • NPO法人鎌倉みどりのレンジャー
    :緑地の整備に供する刈払機、保護具の購入

速報2015年度「NPO支援かまくらファンド」支援団体決定

11月3日、玉縄交流センターで行われました公開審査会において、応募13団体のうちから
下記の7団体に助成が決定しました。
  • 憩い宿
  • 鎌倉・ロボット・ものづくり研究会
  • 鎌倉市政を考える市民の会
  • NPO法人 タウンサポート鎌倉今泉台
  • NPO「命・地球」
  • NPO法人 子ども大学かまくら
  • NPO法人 鎌倉みどりのレンジャー



かまくらファンド 2014年度受給団体報告

11月3日(月・祝)たまなわ交流センターにおいて平成26年度『NPO支援かまくらファンド審査会』が 開催されました。
各団体のプレゼンテーション終了後、審査が行われました。
そして、審査委員長の講評に続き助成団体8団体が発表され、「助成決定通知書」が授与されました。

審査員 ≪審査員≫
石渡隆雄(公益社団法人鎌倉青年会議所理事長)
稲田栄枝(一般社団法人かまくら認知症ネットワーク理事)
河野千種(鎌倉のごみ減量をすすめる会会員)
高柳英麿(NPO法人かまくら緑の会代表)
中村朋子(鎌倉市市民活動部課長補佐)


≪助成団体≫
☆憩い宿:「憩い宿」立ち上り時の費用
☆北鎌倉さとやま連合会:ホームページ製作費
☆発達障がい児支援グループ「ふれんど」:支援プログラム「ぷらっとホームかまくら」の費用
☆NPOはじめまして、美術館。:マナーブック作り直しの費用
☆鎌倉市政を考える市民の会:散策路整備に要する工具、機材等の購入費用
☆ブックカーニバル実行委員会:スタンプラリーに使用するエコバックの製作費等
☆鎌倉路地フェスタ実行委員会:映画会、講演会開催費用等
☆砂押川プロムナード桜愛護会:保全周知のための冊子制作費等

≪審査会の様子≫
審査会の様子1
審査会の様子2
審査会の様子3

審査会の様子4
審査会の様子5
審査会の様子6

審査会の様子7
審査委員長の講評
助成決定通知書授与


これまでのNPO支援かまくらファンド助成団体一覧


このリストは今までに「かまくらファンド」の助成を受けた団体の一覧表です。
年度助成団体名
2017年度 社団法人鎌倉ドローン協会
NPO法人minamo
鎌倉常盤山の会
特定非営利活動法人 Art for Children's SHINE
NPO法人JIAOLIU鎌倉
鎌倉評論
2016年度 鎌倉・ロボット・ものづくり研究会
あしおとでつながろう!プロジェクト
ブックカーニバル実行委員会
北鎌倉台峰緑地保全会
NPO法人鎌倉みどりのレンジャー
2015年度 憩い宿
鎌倉・ロボット・ものづくり研究会
鎌倉市政を考える市民の会
NPO法人 タウンサポート鎌倉今泉台
NPO「命・地球」
NPO法人 子ども大学かまくら
NPO法人鎌倉みどりのレンジャー
2014年度 憩い宿
北鎌倉さとやま連合会
発達障がい児支援グループ「ふれんど」
NPOはじめまして、美術館
鎌倉市政を考える市民の会
ブックカーニバル実行委員会
鎌倉路地フェスタ実行委員会
砂押川プロムナード桜愛護会
2013年度 NPO法人 子ども大学かまくら
北鎌倉吊るし飾り委員会
砂押川プロムナード桜愛護会
鎌倉ユネスコ協会
鎌倉路地フェスタ実行委員会
図書館とともだち・鎌倉
2012年度 発達障がい児支援グループ「ふれんど」
NPO法人 子ども大学かまくら
かまくら認知症ネットワーク
ワーカーズ・コレクティブ みつばち
北鎌倉吊るし飾り委員会
あしおとでつながろう! プロジェクト
2011年度 腰越まちづくり市民懇談会
かまくら認知症ネットワーク
全日本年金者組合鎌倉支部
大船地区ボランティアセンター
2010年度 鎌倉ガーディアンズ
自然環境と人間生活を考える会
鎌倉評論社
鎌倉ベジカルチャーmap
2009年度 游風
青空自主保育でんでんむし
鎌倉ガーディアンズ
玉縄歴史の会
2008年度 犯罪から鎌倉を守る会
鎌倉の医療をよくする会
遊風
玉縄桜をひろめる会
2007年度 カスタネット
玉縄桜をひろめる会
玉縄城址まちづくり会議
湘南失語症者を支援する会
犯罪から鎌倉を守る会
2006年度 カスタネット
犯罪から鎌倉を守る会
ふだんぎコーラス
鎌倉広町の森市民協議会
ゆう介護ステーション
2005年度 カスタネット
なかよし会
鎌倉を美しくする会
2004年度 カジュ・アート・スペース
腰越地区まちづくり市民懇話会
日本語cosmos
2003年度 図書館とともだち
湘南改造家
npo法人 treasure ark transport
鎌倉広町の森市民協議会
2002年度 母親相談室
放置自転車を整備・修理して リサイクルさせる会
キャットネットかまくら
2001年度 鎌倉あそび塾
スマイル
鎌倉中世土木遺構学生調査会

寄付のお願い

  1. 市民、団体、企業からの寄付は、1口1,000円とし、1口以上何口でもお受けいたします。
  2. 寄付は、NPOセンター鎌倉・大船の窓口にご持参くださるか、下記の郵便振替または銀行振込でお願いいたします。 なお、振込料は寄付者のご負担とさせていただきます。
  3. 持参の場合は領収書を発行いたしますが、振替または振込の場合は、その受領書を領収書に代えさせていただきます。

寄付金振込先

  • 郵便振込  鎌倉郵便局
    口座番号/00280−4−36386
    加入者名/鎌倉NPOセンター運営会議

  • 銀行振込  横浜銀行・鎌倉支店 普通預金
    口座番号/1280927
    口座名義/特定非営利活動法人
    鎌倉市市民活動センター運営会議