NPO法人 鎌倉市市民活動センター運営会議 の出版情報


市民活動ガイドブック



様々な分野に渉る当センターの利用登録団体の活動内容を紹介し、 市民活動への理解と参加へのきっかけとなることを願って作成しました。

掲載団体数:148団体(当センター登録団体300団体中)

鎌倉・大船の両センターにて、200円で頒布しております。

(a5判・148頁 発行2006年5月)



かまくらnpo叢書vol.1
サンフランシスコのサポートセンターから学ぶ

npo支援プログラム


2001年2月3日に鎌倉芸術館で開催した「npoシンポジウム」の記録をとりまとめたものです。

絶版となっておりますが、当センターで閲覧することができます。

(a5判・56頁 発行2001年5月)




風と潮流

約130名の市民が自ら活動し執筆した鎌倉市民活動白書です。絶版になっておりますが、 当センターで閲覧することができます。
(b5判・170頁 初版2000年11月)
全国初の公設市民運営のnpoセンターの現状と貴重なノウハウを公開。
(まえがきより抜粋)
新しい世紀を迎えるいま、日本には政治や経済、社会や文化など、 あらゆる面に大きな変革の風が生まれつつあります。 市民社会の構築への動きも、その風が生んだ潮流のひとつです。
市民社会の構築とはなんでしょうか。
ひとつは政治構造の変革です。 政権は中央に、治権は地域に、つまり地域の市民主権による真の自治の確立です。 ひとつは市民意識の変革です。
明治以来あまりにも官や公に頼りすぎ、まかせすぎた社会と暮らしのしくみを改め、 本来の担い手である市民に取り戻していく、市民主導で直していくという意識です。
市民と行政の協働へ 強まる風と早まる潮流 日本では公共といいますが、 公があり、私があり、その間に共という領域があるのです。
つまり官や公でしかできない領域、市民で出来る領域、そして両者で協働で行う領域、 それをはっきりさせ分担していくことが、これからのまちづくりでの最も大切な方法です。
鎌倉という小さな都市の市民が悩みながらの意識変革の軌跡と、 課題をかかえながらの行動の一端をご紹介し、全国のみなさんとともに考える素材になれば嬉しいと思っています。

NPOセンター10周年記念誌 新しい市民社会の構築


(まえがきより)
これまでにたくさんの市民活動団体がNPOセンターを利用、企画や研修に参加し、 支えあってここまで来ました。
10周年を迎えたこの機会にこれまでの10年を振り反ってみました。
10年を経てなお、受け継いでいきたい鎌倉の底力を確認する意味で・・・・・

NPOセンター鎌倉・NPOセンター大船で、無料で頒布しております。



運営会議たより アーカイブ閲覧

 第34号 2018・6発行
記事内容 新体制理事会 理事長挨拶
平成 30 年度主要スケジュール

 第33号 2018・3発行
記事内容 設立20周年記念事業中間報告
ほやほや正会員

 第32号 2017・12発行
記事内容 全員会議の報告
中間支援施設CEOミーティング

 第31号 2017・9発行
記事内容 市民活動センター20周年記念事業報告
寄付金認定NPO法人について

 第30号 2017・6発行
記事内容 平成29年度通常総会を終えて
平成 29 年度主要スケジュール

 第29号 2016・9発行
記事内容 新たな出発に際して
平成28年度 かまくらファンド

 第28号 2016・3発行
記事内容 第18回市民活動フェスティバルにむけて
NPO,任意団体のマイナンバー制度について

 第27号 2015・12発行
記事内容 27年度相互提案協働事業の経過ついて
協働事業 来年度の課題

 第26号 2015・9発行
記事内容 次期NPOセンター指定管理に向けて
創設時の理事長藤井経三郎氏を偲ぶ

 第25号 2015・6発行
記事内容 平成27年度の事業計画と課題
平成26年度の事業計画と課題

 第24号 2015・3発行
記事内容 資金調達にクラウドファンディングを活用
行政との協働事業の取り組みについて再考
全員会議とキララカフェの報告


 第23号 2014・12発行
記事内容 「より良い意見交換の場を目指して」
電子メール最低限守りたい5つのマナー


 第22号 2014・9発行
記事内容 「温故知新」30年の歳月が生み出したもの
人と人をつなぐコミュニティカフェ


 第21号 2014・6発行
記事内容 新理事会発足・紹介
平成26年度自主事業について


 第20号 2014・3発行
記事内容 これからのNPO活動を考える
山岡義典氏 講演内容を伝えます。


 第19号 2013・12発行
記事内容 鎌倉ファンド審査会の現場から
規定類の整備について


 第18号 2013・9発行
記事内容 認定NPOの現状と今後
支援する立場から


 第17号 2013・6発行
記事内容 総会を終えて
次のステージに歩を進める


 第16号 2013・3発行
記事内容 協働で市民生活を
もっと豊かにしよう


 第15号 2012・12発行
記事内容 「NPO法人」の意味を考える
認証、認定の要件とメリット


 第14号 2012・9発行
記事内容 認定NPO法人申請に向けて
ファンド部会 “玉手箱”の紹介


 第13号 2012・6発行
記事内容 新理事会及び事務局長の人事
第13 回総会で承認された定款変更箇所


 第12号 2012・3発行
記事内容 運営会議の組織を考える
定款検討プロジェクトについて


 第11号 2011・12発行
記事内容 市民活動団体と鎌倉市による
協働事業を振り返る


 第10号 2011・9発行
記事内容 資金面での新たな支援策を考える


 第9号 2011・6発行
記事内容 「かまくら学」で地域との協働を推進


 第8号 2011・3発行
記事内容 運営会議の役割と第二期の重点課題


 第7号 2010・12発行
記事内容 第二期への課題と取組み
指定管理への行程
第二期に向けて


 第6号 2010・9発行
記事内容 助成金獲得のポイントのコツ
研修会の記録
報告 助成金獲得しました。


 第5号 2010・6発行
記事内容 新理事体制スタート
フェスティバル開催
地域とNPOの接点をさぐる

 第4号 2010・3発行
記事内容 「新しい公共」を考える
市民と行政の協働とは 福島浩彦
正会員紹介 高野邦子・岡田亨

 第3号 2009・12発行
記事内容 どう見る「指定管理者制度」
指定は契約に非ず
フェスティバルスッタフ募集

 第2号 2009・9発行
記事内容 百年続け、鎌人市場 座談会
各部会活動報告
11月予定 地下道ギャラリー・玉縄祭り

 創刊号 2009・6発行
記事内容 創刊号発行にあたって
非営利ペイドワークは何故必要か